上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

※イザシズです!!
なんかいろいろ可笑しい…というか、もうなんかDVなんで、注意です。
あと、最近、幽プッシュ中なので今後幽静とかやるかも。

いけるよ!って方は追記より。
追記にコメントお返事もあるので見ない方はスクロールお願いします。



「いぃぃぃぃざぁぁぁやぁぁぁあ!!」

ある昼下がりの池袋。
最大の敵である折原臨也を見つけて平和島静雄は抜いた標識を持ち、言う。
臨也はと言うと、1つ溜息を付いて静雄を見やった。

「前々から思ってたんだけど、なんでシズちゃんは一々攻撃してくるのさ?」

「手前が池袋に来るからだろうが!」

「だからってさ、無視しとけばいいじゃない。というか、来るのは個人の勝手。シズちゃんには何も関係ない事でしょ?」

「手前が池袋に来る時は大抵、ロクな事がねぇじゃねえ、か!」

飛んできた標識を臨也はひらりと避け懐からナイフを取り出し静雄に斬り付ける。
はらり、と静雄のシャツが破れ、静雄は破れた場所を見つめた。
その瞬間を臨也は見逃さず、一気に静雄に詰め寄りナイフを突き向ける。

「それ、弟からもらったんでしょ?羽島幽平…いや、平和島幽…だっけ」

「手前にゃ、関係ねェ…っ!」

殴りかかろうとした静雄の腕にナイフを突き立て、地面に臨也は叩きつけた。

「……シズちゃん、俺は君が好きだよ」

「……は……?」

突然臨也から紡ぎだされた言葉に静雄は呆気に取られる。
臨也は薄く笑うとまた言葉を紡ぐ。

「だけど俺らはデートとかそういうのが似合わないだろう?」

「大体、手前とデート何ぞしたくもねェしな」

「…だからさ、俺考えたんだ。

俺らはさ、愛し合うよりも、」


し合うよりも争をしよう
(それが、俺らの愛情表現だと思うから)




お題*Lost Blueさま




>晴千夏さま
あんまり期待はしないで下さいね;
gdgd感が半端ないものですから;;
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://knight12.blog45.fc2.com/tb.php/436-c8970bdb
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。